Career training schoolトップへ
過去のゲスト
飯島 忠樹氏【人事の学校 第5回ゲスト】

『エリートチャレンジャー』


■飯島 忠樹氏■

東大法学部を卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。その後グロービス・マネジメント・バンクの立ち上げに参画し、退職してマッキンゼーに入社。現在は、新宿にそびえるコクーンタワーにて医療専門学校の統括責任者を務める…とプロフィールを拝見すると、どんなエリートエリートした方なのだろう、と恐縮してしまいましたが、人事の学校第5回で講師を務めていただきました飯島さんはとてもフランクで裏表のない方でした。

ご自身のご経験をとても素直に、率直にお話いただきました。参加者からの質問にもとてもフランクにお答えいただき、懇親会でも名刺交換希望者と同じ目線で会話を楽しんでいらしたのが印象的でした。

飯島さんが統括責任者を務める学校法人モード学園の医療専門学校「首都医校」は2009年開校予定です。約4年前には、コクーンタワーが建設されることと、医療専門学校が設立されることしか決定していなかったそうです。他の医療専門学校と如何に差別化して魅力的な学校と、ビジネスの仕組みを作り上げるか、という課題に体当たりで取り組まれてきたことがお話の端々で伝わってきました。

飯島さんは新しいことに挑戦することで、新しい自分の可能性を見つけて、それの発見を楽しんでいように感じました。
飯島さんの挑戦に導かれる人も多いはずです。

2008年11月5日の開催報告はこちら

■プロフィール■
東大法卒。通商産業省(現経済産業省)を経て
㈱グロービス・マネジメント・バンクの立ち上げに携わる。
その後、マッキンゼーを経て、2003年より学校法人モード学園にて新事業の立ち上げ。


投稿日時: 2008 年 11 月 12 日 10:44 AM