Career training schoolトップへ
田中の部屋
「 スクラップ&ビルド 」

小池都知事誕生後、見直しが進んでいる築地市場の移転問題。
それが、かつての石原都政時代に発足した新銀行東京の問題にまで波及して
きています。

新銀行東京にかかわってきた身としては、他人事ではすまされない状況ではあります。
もちろん、都税を無駄遣いしてしまった結果は、批判をあびて当然と
思いますが、志をもった仲間とともに歩んだ日々に、否定的な目線のみが
あてられる現状は気持ちがよくないのも正直なところです。

とにかく、小池都知事が、これまでの都政の在り方にメスを入れたことは
大いに評価ができることで、都税の使い道に適切な目が届く体制になることを
願わずにはおられません。

まさしく、小池都知事の行動こそ、旧体制のスクラップなのですが、
このスクラップ自体は、必要なことですし、よくやったと賞賛されることだと思います。

しかし、これ以上に大切なのが、ビルドのところ。

先日、信頼できる政策に詳しい方と話した際にも、築地市場の移転の話になった
のですが、今回の問題定義により、本当の問題であった、市場移転もしくは
改善の目鼻が立たなくなってしまっていることも、大きな問題だと、おっしゃっていました。
確かに、今回の移転騒動により、すでにつくってしまった豊洲市場の維持費も含めて、膨大なお金が使われてしまっています。

小池都知事の本当の腕の見せ所はこれからですので、今後どういった方針を
出して問題を解決していくのか、期待したいところではあります。

会社経営をやっていても、スクラップ&ビルドのタイミングが必ず訪れてきます。

その時に、勇気をもってスクラップできるか、
そして、その勇気以上の細心をもって、ビルドをしていけるか、
それが会社の生死をわける決断につながっていきます。

このスクラップ&ビルドの考え方は、会社経営だけでなく、
普段の仕事においても常に考え実行してくべきことでもあると思っています。

例えば、自らが気づいたことを、勇気をもって発言をするとか、もある意味
スクラップ的な行動になります。また、時間をかけて開発した商品が、
どうしても気に入らなければ、もう一度ゼロベースにもどすこともスクラップ的な行動になります。

そして、発言をしたからには、その発言に責任をもって、自ら率先して行動
していくことがビルド的な行動ですし、開発した商品をゼロベースに戻したのなら、それが完成するまでやり遂げるのが、ビルド的な行動になります。

この機会に、皆様の普段のお仕事を、このスクラップ&ビルドの視点をもって
見直してみてはいかがでしょうか。何か違う視点が得られるかもしれません。

投稿日時:2017 年 3 月 15 日 2:13 PM トラックバックURL

「 私たちの手で社会をより良くする 」

最近のニュースは、トランプ大統領の話題が持ちきりで、
メキシコ国境の壁をつくるとか、TPP離脱とか、明確に保護主義政策を
貫こうとしている姿に不安を感じている人も多いことと思います。

昨年は、イギリスのEU離脱が国民投票で決まったこともあり、
今回のトランプ大統領登場が、この流れにダメを押す形になっているとも言えます。

歴史に正解はないので、この流れが人類にとってよいのか悪いのか
私は正直わからないのですが、ただ少なくても言えることは、
この期に及んで、政治家や官僚にすべてを期待することは無理だということです。

今回のトランプ政権の登場で、私たち庶民が、自らの力を頼りに、
社会をより良くするための行動を始めるきっかけになるのでれば、
悪いことでもないかとも思っております。

一方、我が国日本は、今後も難しい舵取りを強いられると思いますが、
いっそのこと、もっと庶民を信頼して、政府や官僚のやるべきことを
少なくしていけばよいと私は思っています。

そのためにも、庶民一人一人が日本のこと、自分の身の回りの地域のことを
自分事としてとらえ、出来ることから行動を始めていける、そんな環境づくりが
必要となると思います。

そして、社会をより良くするための意見や行動については、ドンドン奨励していく、
そんな社会になって欲しいと思います。

しかし、現実は、まだまだ厳しいです。
20年以上続いているNHKクローズアップ現代の国谷裕子キャスターが
インタビューをきっかけに降板になるなど、社会をより良くするための
行動や発言が抑制されてしまう傾向にあるのも事実です。

ただし、国谷キャスターの姿勢は私たちが見習うべき点が多いです。
国谷キャスターは、スタジオでの専門家や当事者への緊張感ある生インタビューにおいて、
相手が権力を持つ政治家であっても、決しておもねらず、また、安易に持論を述べず、
的確な質問を重ねながら、出演者から、問題の本質にかかわる重要なメッセージを引き出す
スタイルは、日本の報道番組のキャスターの在り方に、静かな、しかし、深い変革をもたらしています。

そして、なんと、この国谷キャスターが、私たちが毎年開催している、
ソーシャルビジネスグランプリ2017(2月19日開催)にて、
田坂広志社会起業大学名誉学長と記念対談を行います。

今後も社会をよくするために重要な役割のあるメディアの現状と、今後どのように
メディアが変わっていくのか、についてご興味がある方は、是非ともご参加ください。

さらに、このイベントでは、ビジネスの手法を用いて、自ら社会をより良くしようと
立ち上がっている勇気ある5名のビジネスプレゼンテーションもあり、
盛りだくさんの企画となっています。

皆様と会場でお会いできるのを楽しみにしております。

【ソーシャルビジネスグランプリ詳細ページ】

http://socialvalue.jp/final/2017/

【申し込みページ(優待券)】

http://peatix.com/event/219659

⇒本メルマガ会員の皆様へは優待価格でのご提供となります。
「社会起業大学 在校生/卒業生からのご紹介」をお選びいただき
  紹介者に「田中」とご記入ください。

投稿日時:2017 年 2 月 15 日 2:12 PM トラックバックURL

「 新年の決意を持続させる 」

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

皆様は新年を迎え、どんな決意をされたでしょうか。

年男として新年を迎える私の決意は、
『盛』
という漢字に込めました。

ちなみに、昨年の漢字は、『始』でした。
会社の体制も大きく変わり、一からやり直す気持ちで、
再スタートを切ろう、という思いを込めました。

ただ、昨年は、このメルマガでも紹介しましたが、
順調に再スタートを切って進んでいた矢先に、
帯状疱疹になってしまったり、急性咽頭炎で入院したりと、
健康面で大変な年となってしまいました。

確かに社員にも迷惑をかけたし、自分自身もふがいなさで
嫌になったりもしましたが、その経験のお陰で、
必要なことと、そうでないことがはっきりし、
これまで以上に、やるべきことが明確になりました。

つまり、“本当の意味でのスタートラインに立てた”
そんな感覚をもっています。

やはり、年初の決意は、きちんと文字にしておくものだと
思いました。

皆様も経験があると思いますが、新年に新たな決意をしても
それがなかなか持続しないものです。
新年の決意を持続させるためには、その決意を身近な人達に
語るのもよいと思いますし、私のように文字にしてみるのも
よいかと思います。

大事なことは継続させることなので、誰かに語ったとすれば、
その人に時にはフィードバックしてもらうことですし、
文字に落としたとすれば、毎日見れるところにおくことです。

ちなみに、今年の漢字『盛』に込めた私の決意は、
酉年は、酉の市などもあるとおり、商売繁盛の年になるとも
言われており、昨年の素晴らしいスタートを結果につなげ、
事業を一気に拡大していこう、という意気込みと、
まだまだ現状に満足せず、自らを成長させ続けよう、
という思いです。

皆様も、新年の決意を文字にしてみてはいかがでしょう。
きっと、年末には、その効果に驚くことでしょう。

投稿日時:2017 年 1 月 15 日 2:10 PM トラックバックURL

「 『私事』から『仕事』、そして『志事』へ 」

リソウル社を起業してから約10年がたちますが、
その間に、いろんな方々と一緒に仕事をしてきました。

その中で、人当たりも良いし、話もうまく、そして
地頭もよいのに、仕事の結果がでない人が数名いました。

どうして結果がでないのかと思って、その人たちの行動を
注意深く見ていることでわかったことがありました。

それは、自分が認めてもらうためとか、自分の考え方の
正しさを証明するためとか、の自己承認欲求が原動力に
なっているということです。

具体的には、売上にはつながらないお客様にもかかわらず、
自分を可愛がってくれる人や自分にやさしくしてくれる
ということで、その人との時間をついつい使ってしまうとか、
自分を認めてくれる人の意見は聞くけども、自分を認めて
くれない人の意見は聞かないなど、そんな行動が目立ちます。

本来、『仕事』とは、お客様や上司など、誰かの要望や
困りごとに的確にこたえていくことで成り立つものなのに、
自分が認められるために動いてしまうと、人の要望や困りごとに
答えるということを忘れてしまい、自分勝手な動きになり、
仕事の結果も出なくなってしまうのです。

おそらく、「社会人の壁」と言われるものも、自己承認欲求
をもとに働くこと(これを私は『私事(しごと)』と呼んでみました)
から、人のために働くこと(仕事)への転換ができるかどうか
ということだと思います。

仕事で結果が出ないときに、『私事』になってないかどうか、
確認する必要はあると思います。

ただし、逆に『仕事』に慣れすぎて、人の要望にばかり応える
自分になってしまうと、自分がなくなってしまい、
自分は本当に何をやりたかったのか、何のために働いているのか
わからなくなってしまいます。そういう方が多いのが今の時代です。

まずは、『仕事』がしっかりと出来ることが前提になりますが、
その上で、本当に自分がやりたかったことや、やるべきことなどを、
いろんな人の力を借りながら徐々に明確にしていく、
そういった過程も、特にこれからの時代ではとても重要になります。

そして、自分の本当にやりたいことや実現したいことと、
人へのお役立ちが両立したとき、『仕事』が『志事』になります。

皆様の『仕事』が『志事』になっていくことを願っていますし、
私も出来る限り、お力になりたいと思っております。

投稿日時:2016 年 12 月 15 日 2:07 PM トラックバックURL

「 働くということ 」

電通で新卒女性社員が自殺した事件が、世の中をにぎわしていますが、
若手社員の自殺は、随分前から深刻な社会課題でした。

今回は、電通という超一流企業で、かつ東大卒の新卒女性社員であった
ことから、さらに注目を浴びたのでしょう。

広告代理店、ITコンサル、飲食業、など、労働集約型のサービス業態は、
特に過剰労働を生みやすく、問題が多発しているため、
企業側も十分注意をして、過剰労働を生み出さない
仕組みづくりが必要であると思います。

一方で、今回、私が注目したいのは、なかなか言いにくい話でもある、
働く社員側の問題です。

私は、何か問題が起こった時に、どちらかが悪いのではなく、当事者それぞれに
課題があるから問題が起こると思っておりまして、この過剰労働の問題も、
企業側だけに視点をおくのではなく、働く社員側の課題もみておかないと、
本当の解決には至らないと思うからです。

さて、私は、時には人事担当として、また、キャリアコンサルタントとして、
多くの人に接してきました。

その中で、過剰労働に陥って、うつなどの症状に至る方の中に、
とてもまじめで、気立ても良く、頭の回転も速い、
いわゆる優秀な若者がそれなりの数いることに気づきました。

その方々は、頭がよく気がきくので、相手の要望や期待を理解する力が高く、
子供のころから、親を含む大人たちに評価をされてきた経験を積み上げています。
言い換えると、“努力すれば、大人に必ず気にいられる”
という成功体験を積んで来ている形になります。

そして、社会人になると、自分への要望が急に高くなることに
気が付くのですが、それでも、これまでの成功体験を信じて、
何とか上司や周りの期待に応えようと一心不乱に働きます。

しかし、特に厳しい上司に出会うと、いくらやっても認められないことが続き、
どこかのタイミングで、今までの成功体験がもろくも崩れ去り、心が折れてしまうのです。

人は認めてもらいたいという承認欲求が強いのですが、
その承認欲求が満たされ続けた状態から、満たされない状況に変わった瞬間に
心が折れてしまうのです。

では、こういったことを防ぐために何が必要なのか。

それは、働く=傍(はた)を楽(らく)にする、
ということの意味を若いうちから理解していくことだと思います。

仕事は、自分を認めさせるためにするものではなく、自分にかかわる人を
幸せにするためのもの。

よく使う言葉では、自分の意識を自己承認から他者貢献に、如何に変えていくか、そこにかかっていると思います。

他者貢献。

頭ではわかっていても、実践は難しいことであることも事実です。

是非、周りの同僚、上司、部下の方々を見渡してみて、自己承認欲求で
動いているのか、他者貢献欲求で動いているのかを、冷静にみてくださり、
特に自己承認欲求が強い若者がいたら、早いうちに声をかけて、
あまり無理をしないように声をかけつつ、
働くことの意味を少しずつ伝えてみてください。

投稿日時:2016 年 11 月 15 日 5:29 PM トラックバックURL

「 人に任せるということ 」

7月に帯状疱疹をやった後、ようやく体調が戻ってきたなと思っていた9月初旬、
風邪と埃で、喉をやられている状態にもかかわらず、
無理をして講義をやったために、急性咽頭炎になってしまい、
5日間入院するということになってしまいました。

これまで入院したことがない私にとって、とてもショッキングな出来事
だったのですが、やはり年と共に衰える体力を認識するとともに、
健康体を維持することに、これまで以上に気をつかう必要性を痛感しました。

ただ、悪いことばかりでもなく、良いこともあるのが世の常。

良かったことは、私がこれだけ会社を休むことになったにもかかわらず、
ちゃんと会社がまわっているし、それも私がいるとき以上の動きをしている
ことに気づいたことです。

自分の子が、いつの間にか大人になっていると感じた感覚と
とても似ていて、寂しさとうれしさを同時に感じる瞬間でした。

田中さんは特に責任感が強いから、なるべく人に仕事を任すように
した方がよいと、よくアドバイスをもらっており、自分としても
任しているつもりではあったのですが、
今回の入院を機に、仕事を任すという感覚が、本当の意味でよく
わかった気がしています。

これまでは、仕事というよりは作業は任せていたけども
重要な判断は自分でやっていた、そんな構図だったなと思います。

しかし、入院していた時は、判断も含めて任せるしかない状況
だったのですが、任せるってこういうことかと体感できたようです。

“任せる”というよりも、“ゆだねる”と言った方が、適切かもしれないですね。

この感覚がわかってからは、かなり精神的な負担が減ったような気が
していて、ある意味、初めて味わう境地でもあります。

わかってはいても、なかなか仕事を任せられないな、と思っている方は、
是非、部下や同僚、もしくは上司を信じてゆだねてみる、ことも
やってみてはいかがでしょうか。

投稿日時:2016 年 10 月 15 日 5:27 PM トラックバックURL

「 コンプレックスを見つめなおす 」

どんな人も、多かれ少なかれコンプレックスを抱えているもの。

もちろん、私自身もたくさん持っているのですが、
その中で特に強いコンプレックスが、
“思ったことを人に言えない” というものでした。

私は子供のころから、どうも不思議な感性があったようで、
時折、人の気に障ることを言ってしまい怒らすことがあったのです。

そのため、自分が思ったことを言わない方がよいと考えるようになり、
そのコンプレックスをかかえることになったのです。

しかし、大人になり、さらには、キャリアカウンセリングや起業支援の
仕事を通して、ひとりひとりのキャリアと真剣に向き合っていく中で、
人は本当のことを言われたり、気にしていることを言われたりすると、
怒ることが多いということに気づくようになりました。

そして、言い方や言うタイミングがわかってくると、逆に効果的な
アドバイスができる、ということにも気づくようになり、
今は自分がさずかった能力(感性)に感謝するに至っています。

さらに別の事例になりますが、転職相談や、起業相談の乗っているときに、
どうみても話すのがうまくて表現力がありそうな方が、
「私、人前で話すのが苦手なんです。」
と人前で話すことにコンプレックスを抱えているケースが意外と多いです。

私は、表現力がありそうな人が、なぜそう思うのか不思議でした。

ただ、そういった方と会話を重ねていく中で、気づいたことは、
そういったこと言うタイプの人は、本当は人前に出るのが好きで、
多くの人に自分の思いや考えを伝えたい、という秘めたる思いを
持っていることです。

自分の強い思いとして、多くの人に伝えたいことがあるにもかかわらず、
今の自分ではそれができるスキルがないとあきらめてしまい、
いつの間にか人前で語ることをあきらめ、その思いを心の片隅に追いやって
しまう中で、いつの間にか、コンプレックスになってしまったのです。

社会起業大学の学生でも、人前で話すのが苦手と語っていたものがいたの
ですが、伝える力があることを認識し、プレゼンの練習を重ねていくことで、
どんどん自信を獲得し、今や多くの人を魅了するプレゼンができるにまでに
至っていて、今や頼もしい存在になっています。

そう、実は自分がコンプレックスに感じていることや、
自分が嫌いだなと思っている点を、よくよく冷静に見つめてみると、
実はそこに自分の本当にやりたいことや強みが隠れていたことに
気づくのです。

ぜひ、皆様もこの機会に、ご自身のコンプレックスを見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

きっと、思いもしなかった宝物がみつかるかもしれません。

投稿日時:2016 年 9 月 15 日 5:26 PM トラックバックURL

「 体からのメッセージを上手く活かして休む 」

疲れは知らず知らずにたまるもの。

仕事が好きな私は、「たまには休まないと体を壊しますよ。」
という忠告を聞くことが多いにもかかわらず、ついつい仕事を優先してしまう。

しかし、そういう私も年貢の納め時が来たのか。

先週、お腹周りにデキモノができ、腹筋も痛さがとれないため、
念のため病院に診断にいってみると、
「ひどい帯状疱疹だから、すぐに入院した方がよいですよ。」
と言われてしまいました。

私自身、痛みはありましたが、入院するほどではないとも思ったので、
自宅で療養し、様子見をすることにしました。
ただ、帯状疱疹は、少なくても1週間の安静が必要なので、
仕事をどうするかが問題だったのですが、社員のサポートや周りの理解もあり、
そして、いろんな偶然も重なり、ほぼ1週間体を休ませることができました。

会社を経営していると、やるべきこと考えるべきことがたくさんあるので、
こういう機会がないと、体も頭も休めることはないなとも思います。
こうやって休む機会をもらえたことも天からの恵みです。

一方、ちょうど12年前、新銀行東京を立ち上げようとしているとき、
5000人以上が応募してきた採用統括をやっていた私は、
急性腸炎の兆しを体で感じたので、やばい!と思ったのですが、
今、ここで私が休んだらすべてが止まってしまうと、
何とか腸の痛みが取れることを願い、仕事に集中している中で、
いつの間にか痛みが取れてしまっていました。

若いからできたことかもしれませんが、どうしてもやらなくてはならないことが
ある時には、体も無理がきく、というのも事実なのでしょう。

もちろん、無理を続けると、今回の私のように、大変な目にあってしまうので、
ほどほどにすることが大事ではあります。

自分の体からのメッセージや周りからのメッセージを上手く受け取ることが
できれば、もう少し豊かな人生が送れるのかな、と改めて感じています。

皆様も、どちらかというと、無理をされる方が多いと思いますが、
特に体力消耗が激しい夏場は、体からのメッセージを聞いてみて、
上手く休息をとるよう心掛けてください。

投稿日時:2016 年 8 月 15 日 5:24 PM トラックバックURL

「 感情こそが社会を動かす 」

先週のイギリス国民投票による、EU離脱決定のニュースは、
世界中に衝撃を与えています。

キャメロン首相も、まさかの結末を予想はできなかったことでしょう。

なぜなら、移民問題などはあるにせよ、理屈で考えれば、EUに加盟することの
メリットの方が大きいことはわかるからです。

しかし、人は、自分で決めたいという思いや、自分たちの国は自分たちで
つくっていきたいと感じる独立心なども持ち合わせています。
こういった感情に訴えることに成功した離脱派が勝利することになったのをみると、
論理を優先し、国民感情への配慮を怠ってきた政府の失策ととらえることも
できるのではと考えます。

ビジネスの世界でも論理性が重視される傾向はあります。
特にこれまでのように効率性や低価格がもてはやされる時代は、
論理性が重要であったとも思います。

しかし、ビジネスの成功者は、感情への理解の重要性を語っていますし、
ものが豊かになった現在は、より感情への働きかけが重要になっていることを
感じている人は多いと思います。

転職の際も、条件だけで選んでしまい後悔された方がいるかもしれません。
やはり、面接官との相性や会社のビジョンなどに心から共感して選んだケース
の方が上手くいく可能性は高いと思います。

是非とも、この機会に、普段のお仕事を見直し、論理性を重視し過ぎてないか
をチェックしてみてください。

そして、より感情面への意識を持つことで、新たな気づきがあるかもしれません。

投稿日時:2016 年 7 月 15 日 2:23 PM トラックバックURL

「 期日を入れて、周りの人に宣言する 」

1か月後に提出するレポート
まだまだ時間があると思っているうちに、提出期限が迫ってしまい、
慌てて作成し提出する、
そんな経験をされている方は多いことでしょう。

もちろん、私自身もしょっちゅう経験していることなのですが、
その度に、怠惰でなまけ者の自分に気づき、
そんな自分に嫌悪感を持ちつつ、次回こそは、もっと早めに準備しよう
と思っても、次回も結局同じ結果になり、その嫌悪感が深まっていきます。

しかし、一方、冷静になって考えてみると、
提出期限間際に、もう間に合わないかも、と思っていたレポートが
期日までに、それなりの出来で仕上がってしまうことにも気づき、
火事場の馬鹿力というか、秘めた力が自分にあるんだなとも思います。
(これがまた変な自信にもつながってしまうのですが^^;)

最近で、自分の秘めた力というか火事場の馬鹿力を感じたのが、
今年の2月に社会起業大学主催で開催され、500名を集めて大成功した、
ソーシャルビジネスグランプリ2016でした。

もちろん、その成功は、多くの方の多大なご協力があったからこそ、
ではありますが、準備を開始した当時は、本当にそこまでのイベントに
出来るのか正直不安でした。

しかし、多くの方の期待に応えるためにも何としてでもやってやると決意し、
イベントの開催日に向けて、一心不乱に準備した結果が前述のとおりとなり、
私たちにだって出来るんだと感じ、自信につながりました。

人は追い込まれると、自分が思っている以上の力が発揮でき、
逆に、追い込まれないかぎり何も実現できない、と
私の経験及びキャリア支援の経験を通して感じています。

そこで、自分の秘めたる力や潜在能力を生かすための方法が、
やりたいこと、やるべきことに対して、
「期日を入れる」
そして、それを人に宣言して自分を追い込むことです。

「起業をしたいのですが、どうしたらよいでしょうか。」
という相談がよく来るのですが、
その際に、起業する時期を決めていない人が多く、
いつか起業したいと言っている限り起業はできない、
という話をしています。

自分の潜在能力を生かすためにも、
“期日を入れて周りの人に宣言する”
を実践してみてください。

そうすれば、自分が気づかなかった能力に気づくかもしれません。

投稿日時:2016 年 6 月 15 日 9:28 AM トラックバックURL

up
田中の部屋過去記事
down