Career training schoolトップへ
田中の部屋
「 オンラインでも信頼できる関係 」

仕事でのオンライン活用が定着する中、皆さまは、オンラインでの仕事についてどのように感じておられるでしょうか。

 

私としては、何よりも移動時間が節約できることで、時間がかなり有効に使えるようになったと感じています。

 

少なくても通勤に必要な1時間余りの時間が毎日節約できますし、外訪での移動時間も節約できます。

 

さらに、海外も含めて、距離が離れている人たちとのミーティングも、電話ではなく画面越しに顔を見ながら話ができるのもよいと思っています。

 

コロナ禍以前は、面談においては、対面で会うことを第一としていましたが、オンラインでの面談を進めてみて、オンラインであっても、その人のオーラも含めた雰囲気が伝わることもわかり、当初の想定よりも問題がないことがわかりました。

 

私としては、コロナ禍が落ち着いたとしてもオンラインを活用した仕事の仕方は、このまま続くと思いますし、続けていきたいとも思ってます。

 

ただ、ひとつ、オンラインでの仕事の怖さを感じたことがあります。

それは、オンラインでのセミナーをやっている時に感じたことです。

 

複数名の参加者がいるセミナーの場合、途中からの参加や途中でいなくなることが多々あります。

しかし、参加者の出入りは目立たず、私はすぐに気づかないのです。

リアルでセミナーを開催している時は、参加者の出入りは目立ちます。

 

オンラインの怖さは、無言で挨拶なく居なくなることもできますし、ビデオをOFF、などコンタクトを遮断されれば、それ以上の関係構築ができなくなってしまいます。

 

逆にいうと、大事なことは、遮断されることがない信頼関係が、お互いにあるということ。

 

例えば、家族や気心の知れた友人、信頼できる仲間とは、オンラインでも安心して話ができると思います。

 

そう、

オンラインでも安心して会話ができる信頼関係を築けている人がどれだけいるのか、

 

そこがこれからの仕事、もしかしたら人生において、とても重要な要素になるのではと、私は感じております。

 

この機会に、皆様も、安心して話が出来る人がどれだけいるのか考えてみませんか。

 

私も、オンラインでも安心して会話ができる信頼関係を築ける人を増やしていきたい。

そう思っています。

投稿日時: 2021 年 2 月 15 日 4:16 PM トラックバックURL

up
過去記事
down