Career training schoolトップへ
田中の部屋
「 『動けば、わかる』ではなく、『もがけば、わかる』 」

弊社が運営する社会起業家育成に特化したビジネススクール『社会起業大学』。
そこに通う高校を卒業したばかりで起業を目指す学生が、この言葉を言い放った。

『動けば、わかる』
は、社会起業大学で大事にしているモットーで、社会に役立つビジネスを創りあげるため、そして、自分の本当にやりたいこと、やるべきことを見つけていくために、とにかく動くことの重要性を伝えている。

しかし、単に動くだけでは、本当のことはわからず、何度も何度も壁にぶつかりながら、苦しい状況でも動いていく、つまり、もがくことで大事なものが見えてくると、いうのが
彼のメッセージなのだ。

私自身も、まったくもってその通りだと思ったし、自ら事業を起こしてきた体験を振り返っても、難しい課題に真剣に立ち向かい、なかなか結果が出ず、苦しみ焦りながらも、
何とかしようともがいている中で、道が切り拓かれた経験を何回もしている。

ビジネスは、キレイごとだけでは、成り立たないのだ。

もっともらしい事業プランや、先が見通せる範囲の行動計画だけでは、良い事業は生まれてこない。

では、もがくためにはどうすればよいか。

それは、もがかざるをえない状況に自分を追い込めばよいのである。
例えば、実現するにはなかなかハードルの高い目標を設定し、周りに公言すること。

もちろん、自分が本気で実現したいことがあれば、その実現に向けて、もがくしかない状況になる。

大変だなと思う点もあると思うが、もがいた分だけ成長できる。

これは、真実である。

これまでどれだけもがいてきたかを振り返るとともに、今後、意識して、もがかざるをえない環境をつくってみてもよいでしょう。

投稿日時: 2018 年 12 月 15 日 3:55 PM トラックバックURL

up
過去記事
down