Career training schoolトップへ
田中の部屋
「 二流は時間を言い訳にする 」

なかなか思うように結果が出ない時、その原因について聞かれた際に、
皆様はどのように答えるでしょうか。

スキル経験が不足しているから、努力や集中力が不足しているから、
その仕事にかけられる時間が少なかったから、などなど理由は色々とあることでしょう。

そういった中、優秀にみえる人ほど、かけた時間が少ないことを理由にすることがあるようです。

あくまでも私見ではあるのですが、結果がでないことを時間のせいにする人は、
与えられた仕事をこなす人としてはよいかもしれませんが、経営や起業には向いてないと思います。

なぜなら、経営や起業には、必要な時間を自ら創り出す感覚が必要であるからです。

事業や会社経営を行うにあたって、思い通りいかないことの方が多く、さらに対応すべきことが
どんどんと増えていく中にあっても、結果を出す必要があり、そのために必要な行動を着実に
積み上げていくことが大事になります。

また、プロフェッショナルという観点から考えてみても、
プロとは、どんな環境であっても期待以上の結果を出せる人のことですので、
時間を理由にした瞬間にプロ意識は不足していると判断せざるを得なくなります。

言われたこと与えられた仕事をこなすためだけでなく、付加価値を生み出すために、
時間を使えるか生み出していけるのか。

是非、時間を創り出すということを、更に意識してみてください。
きっと、違う世界が見えてくるはずです。

投稿日時: 2018 年 11 月 15 日 3:53 PM トラックバックURL

up
過去記事
down