Career training schoolトップへ
田中の部屋
「 人生は素晴らしい 」

年に1回の弊社の一大イベント「ソーシャルビジネスグランプリ2018」が
2月25日に開催され、その翌日に心に湧いてきた言葉が、
「人生は素晴らしい。」
でした。

グランプリを成功させるためには、400名収容可能な会場を満員にすることは必須で、
そのためには、ちらしやWEBを使った告知はもちろんのこと、関連団体への告知依頼や
社会起業大学の学生、卒業生への参加の呼びかけと、興味がありそうな人への声掛け、
などを開催の2か月以上前から行っていく必要があります。

また、当日のスムーズな運営を行うためのボランティアスタッフを40名以上集める
必要があり、その手配を前もって行う必要があること、演出や台本の準備、
当日に向けてのリハーサルを何度も積み重ねていくこと、も必要になります。

会場の手配や審査員をしてくださる経営者の方々への連絡、協賛企業集めや招待者の選別
などなど、やることてんこ盛りです。

さらに、イベントの成否を握るのは、当日のプレゼンテーターの発表内容の
クオリティーになってくるので、プレゼン一人ひとりとの発表内容のブラッシュアップを
週に何時間も行っていくことも必須です。

正直、準備している最中は、なんでこんな大変なことをやっているのだろうと、思うこと
ばかりではあるのですが、
実際にイベントを開催し、多くの方が会場に足を運んでくださり「良かったよ。」と
言って下さったり、ボランティアスタッフの皆様がまるで自分事のように一生懸命役割を
果たしてくださる姿をみたり、さらには、プレゼンテーターが舞台で輝く姿をみると、
やっぱり、頑張って開催してよかったなと思うものです。

すでに14回、ソーシャルビジネスグランプリを開催してきたのですが、
今回の喜びは格別なものになりました。

それは、私自身が、このグランプリの準備や運営において口を挟む機会が少なかったにも
かかわらず、これまでで最高と言っても良いくらいの結果を生み出したからです。

その結果が生み出された理由は、私の仲間であり社員の皆が、思いを一つに
それぞれの役割を果たしたからこそのものでした。

出来るか出来ないかわからない大変なことに挑戦するのは、いつもしんどいなと思います。

しかし、それによって得られる、私も含めた各メンバーの成長、
そして一緒に戦っている仲間との信頼感が高まっていくという、目に見えない報酬は
何事にも代えがたいものです。

今後も、「人生は素晴らしい。」と心から感じられる機会を創るべく、
挑戦を続けていきたいと思います。

投稿日時: 2018 年 3 月 15 日 3:18 PM トラックバックURL

up
過去記事
down