Career training schoolトップへ
田中の部屋
「 目の前の仕事の意義を見つめなおす 」

今やっている仕事にやりがいや面白みを感じなくなった時、
『転職』という選択肢も頭によぎることかと思います。

その時に、以下の寓話を思いだし、
再度、今やっている仕事の意義を見つめなおしてみると、
違うやりがいが見えてくるかもしれません。

<寓話:二人の石切り職人>

旅人が、ある町を通りかかりました。
その町では、新しい教会が建設されているところであり、
建設現場では、二人の石切り職人が働いていました。

その仕事に興味を持った旅人は、
一人の石切り職人に聞きました。

「あなたは、何をしているのですか。」

その問いに対して、石切り職人は、不愉快そうな表情を浮かべ、
ぶっきらぼうに答えました。

「このいまいましい石を切るために、悪戦苦闘しているのだよ。」

そこで、旅人は、もう一人の石切り職人に同じことを聞きました。

すると、その石切り職人は、表情を輝かせ、生き生きとした声で、
こう答えたのです。

「ええ、いま、私は、多くの人々の心の安らぎの場となる
素晴らしい教会を造っているのです。」

<寓話は以上です>

仕事の意義のとらえ方にとって、日々の仕事に対する姿勢も
変わってきます。

もし、仕事のやりがいを感じなくなっている方がおられましたら、
今一度、仕事の意義を見直してみるのもよいでしょう。

投稿日時: 2017 年 6 月 15 日 3:45 PM トラックバックURL

up
過去記事
down