Career training schoolトップへ
田中の部屋
「自らが勝手につくった限界を超えよ」

「自らが勝手につくった限界を超えよ」

 

 

能力開発の際に良く語られる「ノミの実験」。

 

ノミは本来2m程度飛べるのだが、

50cm箱に入れられると、最初は、その箱を

飛び出そうとあがくが、あきらめた後は50cm以上

飛ばなくなり、その箱をはずした後も50cm以上

飛ばなくなるそうです。

 

この実験が示していること、それは、人には無限の

可能性があるにもかかわらず、社会の枠組みや

窮屈な教育の中で、自分の可能性はここまで、と勝手に

決めてしまい、いつの間にか自分の偉大な可能性を捨て、

「そこそこの人」に収まってしまうことです。

 

皆さん、ご自身の可能性をどこまで信じられるでしょうか。

 

「私なんて、どうせこんなもの」と思いこみ、

挑戦をすることをあきらめてないでしょうか。

 

かくいう私も、まだまだ挑戦が足りないことを

痛感させられることが最近ありました。

 

それは、まさしく奇跡的に手に入った、423日の

ポール・マッカートニーの東京ドームでの来日公演。

 

私も大のビートルズそしてポールのファンでして、

その曲が生で聴けることには満足するとは思うが、

72歳のポールなので、おとなしめの公演に

なるのだろうなと勝手に思い込んでいました。

 

しかし、実際の公演は、良い意味で私の期待を大いに

裏切ってくれました。本当にエネルギッシュな公演で、

ポールは3時間、水も飲まずに素晴らしい演奏と

パフォーマンスを披露してくれたのです。

 

その感動といったら、言葉にも言い表せないくらいです。

 

「おれがこれだけ出来るのだから、お前にだって、

もっともっと出来るはずだ。」

 

という声が聞こえてきたようで、改めて勇気をもらったと

ともに、自分の可能性、リソウルや社会起業大学の可能性を

広げていくために、もっともっと挑戦をしていこうと、

心に誓えました。

 

是非とも、私達それぞれが持っている偉大な可能性を

見い出すために、ともに挑戦を続けていきましょう。

 

Everybody out there !!

投稿日時: 2015 年 5 月 15 日 2:44 PM トラックバックURL

up
過去記事
down