Career training schoolトップへ
田中の部屋
「創造的破壊」

2010年4月に開校した社会起業大学。
日本初の社会起業家育成に特化したビジネススクールとして
スタートし、4年余りが過ぎました。

社会課題を事業を通して解決する「社会起業家」という
コンセプトは、開校当時は、日本ではまだ新しく、
新鮮な切り口としての注目を浴び、着実に入学者及び
社会的認知の獲得を広げてこれたと思います。

ただ、4年もたってくると、ものめずらしさだけでは
売れないようになってきており、新たな変化が必要に
なってきているのは明らかでした。
しかし、それまで取ってきた施策は、それまでの延長線上に
あるものばかり、まさしく、これまでの成功体験の弊害が
出てしまったケースです。

結果、入学者が伸びず、もがき苦しむことになるのですが、
この悪戦苦闘の中で出てきた方針は、過去の成功体験を
捨てること、そして、失敗を恐れず、新たな挑戦を
続けることです。
社会起業大学のコンセプトに「挑戦者」という言葉を
新たに入れたのも挑戦を続けるという意思表示です。

「持続的な経済発展を遂げるためには、絶えず新たな
イノベーションで創造的破壊を行なっていくことが大事。」
と経済学者のシュンペーターが説いたですが、まさしく、
その状況を身をもって体験することとなりました。

人は経験から学ぶ生き物。

私も例に漏れず、自らの経験をもって、創造的破壊の意味を
頭だけなく、体と心でも理解できるようになったと思います。

リスクを恐れず、絶え間なくイノベーションを起こせる企業が生き残る。

持続可能な会社、そして持続可能な社会を創るためにも、
果敢に挑戦する気持ちを持ち続けようと、改めて心に誓いました。

機会があれば、皆様の挑戦についてのお話も伺えればと思っております。

投稿日時: 2014 年 8 月 15 日 10:23 AM トラックバックURL

up
過去記事
down