Career training schoolトップへ
田中の部屋
私たちが望む社会を私たちの手で創り上げる

謹賀新年。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

やはり年がかわると不思議と気持ちが入れ替わるもの。

私は、年末年始、(兵庫県)宝塚の実家に帰り、両親や弟家族と一緒に総勢11名で楽しく年末年始を過ごし、心も体もリフレッシュすることができた。

さて、今年の私の初夢は、なんと(?!)

母校の一つであります、米国カーネギーメロン大学のビジネススクールで、約300名ほどの学生を前に社会起業家(ソーシャルアントレプレナー)について講義をするというのもの。

その夢はとてもリアル感があって、目覚めた後も、その場面を明確に覚えていて不思議な気分だ(^^;)
講義終了後に、とてもわかりやすかったというコメントを英語でくれた学生がいたりして、その講義はとても上手くいったようだった(^^)

その夢の中で自分が心で反芻していた言葉が以下の言葉。

「これまで自分は英語を上手くしゃべれないからという理由で、英語での会話を避けていたけど、大事なことは伝えたいと思う気持ちで、その気持ちがあれば、下手な英語でも伝わるものなので、思いきってしゃべってみよう。」

おそらく、これが私の魂の声なんだろう(^^)

今回の初夢は、二つのことを私に伝えてくれたと思う。

一つは、”自分の限界を決めているのは、自分” ということ。
なので、自分で勝手な枠をはめずに、今年も出来る限りチャレンジをしなさいということ。

もう一つは、”世界を目指せ” ということ。

特に二つ目のメッセージは、これまでも言ってきてはいるが、自分の魂が本当に望んでいることなんだなと改めて気づいた(^^)

世界に目をやると、欧州危機が深刻となり予断を許さない状況となっていて、国家の存続そのものへの危機感が煽られている。

昨年は、いよいよ米国債も格下げになったり、日本の国債も徐々に格下げが進むなど、欧州だけではない先進国各々での金融経済での悪化が進むという状況となった。

そもそも現在社会は、”国家は絶対につぶれない”、という安全神話のもとに構築されてきたものである。

この現在社会の根幹となる国家そのものの存在が危うくなっていることがどれだけ深刻なことであるのか。

しかし、、、
これを新たな社会の仕組みをつくる絶好のチャンスととらえれば、話は変わってくる♪

近代国家だって、ここ数百年で生まれたものであり、いつかはこの枠組みも役に立たなくなる。二百年以上続いた徳川幕府も滅んだように、この近代国家もいずれは滅ぶものなんだと考えた方がよい。

とにかく、日本の政治は惨憺たる状況になっているが^^;
日本だけでなく、世界中の政治家がアタフタしているだけで何の解決も生み出せない現状をみていると、その考えは間違ってないと思った方がよさそうだ。

新しい仕組みがどうなるかは、まだわからない。

でも、

「国や組織に頼って生きるのは、もうやめようではないか。」

「ありもしない不世出のリーダーの出現を望むばかりではなく、自分たちが望む社会を、自分たちの手で創り上げようではないか。」

私の魂の声は、そう叫んでいる。

そして、

「一人一人が精神的にも経済的にも自立している社会を目指したい!」

これこそ、キャリアトレーニングスクール、リソウル、社会起業大学を立ち上げた、自分の原点にある思い。

昨年の”新しい日本の原体験”とも言える東日本大震災を機に、人の意識が劇的に変わっていることを肌で痛烈に感じている。

皆様のご支援のおかげで新事務所への移転が完了した今、

これから急激に広まっていくであろう、

”新しい生き方働き方”

が、たくさん生まれ、そして世界に広がって行くことを目指して、今年も積極的に活動を続けていきたいと思う。

本年も引き続きのご支援ご指導のほど、よろしくお願いします。

2012年元旦


投稿日時: 2012 年 1 月 3 日 10:09 AM トラックバックURL

up
過去記事
down