Career training schoolトップへ
田中の部屋
やりたいことが見つかったら?

「すごい人だから、やりたいことが出来るのか?」 
それとも、
「やりたいことをやっている人が、すごい人になるのか?」

なかなか考えさせられる問いですよね。

前回、「キャリアの正しい考え方講座」でご講演下さった嶋さんもメンバーとな
っているMBAキャリア研究所より出版した著書、「たかがMBA、されどMBA」の
取材をしたときも、同じ問いにぶちあたりました。

「たかがMBA~」は、MBA取得後、経済界で大活躍されている面々にインタビ
ューをして、その記録を私たちの目線でまとめたものですが、私たちがもっとも
学んだことは、「すごい人は、みんな、『とにかくやってみる!』の精神をもって
いる」ということでした。

「たかがMBA~」を読んでくれた、私の後輩が、
「田中さん、やっぱりあそこに登場している人は、自分とは違うと思いました。」
といっており、やはり、すごい人だから、やりたいことができる・・・という考え方
になってしまうのか、と思ったりもしました。

しかし、今から紹介させて頂く事例も含めまして、私が、これまで触れ合ってきた
方々をみてきても、私としては

「やりたいことをやっている人が、すごい人になる!」

と確信をするに至っております(^^)。

是非とも、以下の事例もご参考に、やりたことをみつけ、それを実行する勇気を
持っていただければと思います!

<事例① ~”グリコのおまけ”が大好きだった人の話~ >

ちょうど4年ほど前に、私のところに転職相談ということで、K氏が訪れてきました。
K氏は自分のやりたいことで好きなことでもある”おもちゃ”の業界にどうしても
転職をしたいという意向をもっていました。

「なぜ、おもちゃがそんなによいのか?」

と私が聞いたところ、

「田中さん、グリコのおまけって覚えてますか? たいしたおもちゃじゃないんだけ
ど、あのおまけがあることで、すごくわくわくする楽しい感じって、覚えてますよね。
僕は、おもちゃを通してそうしたワクワク感、幸せ感を多くの人に提供したいと思
っています。」

K氏は、人物的にも魅力的な方で、大手不動産で大活躍し、その活躍をみた大手
外資系コンサルティング会社にヘッドハンティングされ、店舗の開発を始め、商品
戦略、経営戦略支援で大きな実績を残されていました。

そうやって成功すればするほど、K氏は、益々大好きなおもちゃへの想いが募って
きた、とのことでした。。。

このような転職は、給与が下がることが多く、更に異業種への転職は難しいことが
多いことを、私より説明したのですが・・・

「給与が下がってもいいから、何とか自己実現したい。」

って、K氏は本気なんですね。

ただし、業界の状況や各おもちゃメーカーの状況をみると、中途採用を受け入れて
いる会社もなく、その状況をK氏にも伝えたのですが、K氏は「長期戦になっても構
わない」とのことでした。

チャンスは、4ヵ月後にやってきました。

某おもちゃメーカー社の経営企画室長に仕事でお会いする機会があり、K氏の紹介
をしたところ、室長は、k氏のおもちゃへの熱い情熱に大変興味をもち、室長とk氏
の面談が実現しました。

それから待つこと1ヶ月―。

その経営企画室長のご推薦があり、子会社の大手おもちゃメーカー社で面接、
そして、採用となり、自分の経験が活かせる経営企画として入社決まりました(^^)!

年収は下がりましたが、k氏は、自分のやりたいことができる環境を獲得した喜び
に満ちていました。

そのK氏が輝いている姿を見るたびに、「やりたいことをみつけ、やってみること」
が何よりも大事なんだな~、といつも思います(^^)

今後もこういった事例を、お伝えしていきたいと思います!

投稿日時: 2007 年 3 月 22 日 9:30 AM トラックバックURL

up
過去記事
down