Career training schoolトップへ
キャリアトレーニングセミナー過去記事
【開催報告】 平成19年6月16日開催「キャリア・アンカー・セミナー」

%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC.png

「第13回キャリア・アンカー・セミナー」 平成19年6月16日開催

当時配布したご案内資料(Word様式)はこちら
2ヶ月ぶりとなった「キャリア・アンカー・セミナー」の開催は、「ファシリテートの田中が財布なくしたぞ」事件から始まり、バタバタしたスタートでした(^^;)

しかし、今まで12回開催した「キャリア・アンカー・セミナー」から、プログラム内容を大幅にリニューアルしたこともあり、今までとは違った結果を生むことが出来ました!


《リニューアル1》

インタビュー後、参加者全員で、インタビュー結果を発表しあう。

自分のキャリアアンカーを、聞き手が皆に発表している。
結構気恥ずかしい気もしますが、客観視出来る瞬間ですよね。
隣のチームの話も皆で共有でき、一体感が沸きました。


《リニューアル2》

終了間際、一人づつ自分の将来を発表してもらう。

方法は、絵を描いてもらいました。
お題は「将来願いが叶った状態・シーン」です(^^)

久しぶりに持つクレヨンに、みんな照れながら描いてました。自分の未来を形にする。そして皆に公言する。
きっと。必ず。現実になります。


《リニューアル3》

またまたキャリアアンカーの名称を、8個中2個を変更しました。

独立 → 自由人
ワークライフバランス(旧名称:公私バランス) → バランサー

言葉の持つイメージは大きいものです。
よりキャリアアンカーの特徴が想像できる名称に変更してみました。


*************************************************
第13回参加者から感想を頂きましたので、ご紹介します。
*************************************************

・これまで、マークシート形式で自分で回答する方法の職業適性を見つけるのはやったことありましたが、この方法だと願望が出てしまい、本当の自分がよくわからなかったんだなと実感しました。

・他人から自分がどう映っているかを知る機会はなかなかないですよね。
(あっても目を背けてました…)

・最後に絵を書いたのはとても良かったと思います。文章以上にその人の考えが表れていました。私も何かの研修のときに使ってみようと思いました!

・参加者の中に最初入ってこられた時の表情とインタビュー後の表情がまったく変わった方がいらしたのが印象的でした。話すことでカウンセリング的要素が加わり、より自分を掘り下げて行けて、自分自身で気づきがあったのだと思います。

・「自分の軸は何なんだろう?」と悩み続けてきましたが、自身のキャリアアンカーを知り、目から鱗が落ちる思いがしました。自身が尊敬する人物も同じキャリアアンカータイプのような気がします。


**************************************************

以上です。
次回、開催も更にブラッシュアップしていきたいと思います。
是非とも、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます!

投稿日時: 2007 年 6 月 20 日 10:51 PM

up
過去記事
down