Career training schoolトップへ
田中の部屋
新年あけましておめでとうございます
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
 
昨年末は、急激な景気の悪化もあり心も体も落ち着かなかったせいか、どうも正月気分をいまいち感じられない状況ですが(^^;)、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
キャリアトレーニングスクールを始めてから、皆様の厚いご支援により、早3年が経とうとしています。(ありがとうございますm(--)m)
これまで、私はセミナーなどで、「もう組織や社会には頼れない」という話をしてきました。そして、その話は皆様にもご納得いただいていたかと思っております。
 
そして、昨年の出来事は、いよいよ「頼るべき社会や組織が崩れてしまった」と言ってもよいと思っております。大企業は自らが生き残るために、社員や派遣社員の生活を顧みず、なりふり構わずリストラを行っているし、政治も中身のないう薄っぺらな施策ばかりであてにならない。自分たちを支えてくれていたはずの組織や社会が、いよいよ自分たちを守ってくれなくなったのです。
 
景気回復は早くて今年後半からということで、本年の先行きも決して明るいものではないかもしれません。
 
しかし、これまで組織や社会に頼ってきた個人が、”いよいよ目覚めざるを得ない状況になってきた”と考えると、それは明るい材料なのでは、と私は考えています。組織や社会を維持発展させるために犠牲を強いられてきた個人が、いよいよ本来持っている力を発揮するべき時期にきたのでしょう。
 
 
”私は、どんな人も無限の可能性を持っていると思っています”
 
ただ、よく考えないといけないことはその可能性は個々によって違うということ。
これまで、人材開発で色んな方法が試されてきたと思います。その方法にフィットした人は、その力が開花しハッピーな人生を送れているかもしれません。しかし、すべての人に適応できる人材開発の手法は無かったし、これからも見つからないと思います。なぜなら、それだけ個々のもっている可能性は大きく、多様性があるものなのです。なので、これから先において、自らの可能性に目覚めていくためには、何かしらの人材開発の手法に頼らなくてもよいのかもしれません。
 
では、どうしたら自らの可能性に目覚めることができるのでしょうか?
 
ま、正直、私自身の可能性の開発も含めて(笑)、これからも色んな試行錯誤が必要かと思います(^^;)
 
とにかく、これまでの活動を通して、私が思うことは・・・
自分が感じる違和感(なんとなく嫌な感じとか)や直感、更には心の中から沸き起こってくる感動や欲求などに、もっと敏感になり、自身の心の声と対話することが大事かと思います。自分を大事にすること(自分が感じていることや思っていることを、周りとは違うということで打ち消さない努力)が大事なんだと思います。
 
そして、自分の心との対話を続けていくことにより、周りとは違う自分が好きになることができれば、自然と自分の強みが発揮されるようになり、多くの人に感謝されるようになるでしょう。そうすれば、きっと自分の大きな可能性を信じることができるようになると思います。
 
そうすれば、しめたものです(^^)。
そう、自分の可能性を心から信じることができ、それを行動に移せた人は、よい人生を送っていますからね。
 
ちょっと年初から話が長くなってしましました(^^;)
 
本年は経済不安や社会不安が吹き荒れるでしょうが、同時に多くの眠っていた個々の可能性が開花していく年になると私は思っております。
 
このキャリトレが、一人でも多くの方が自身の可能性に気づき、行動を起こすきっかけを提供できる場となることがでれきば何よりも幸せかと思っております。
 
本年も昨年以上に色々と仕掛けていきたいと思っておりますので、引き続きのご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿日時: 2009 年 1 月 1 日 10:39 PM トラックバックURL

up
過去記事
down